船場の紙屋 紙音
紙のギャラリー 紙音(しおん) 大阪船場で紙と和雑貨のお店を営んでいます。お店(実店舗)のホームページはこちらをご覧ください。
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:198
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... 10 次のページ»
2016年08月26日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
8月ももう終わろうとしていますが、みなさん夏のバケーションは楽しまれましたか?
お盆休みを利用して海外旅行や国内旅行を楽しまれた方も多いことと思います。
そこで気になることが一つ。
お盆はご先祖様がみなさまのおうちに帰ってこられる予定の日。
その日に家を空けて遊びほうけているのはいかがなもんでしょうか?
ご先祖様もさぞやご立腹のご様子。
今年のお盆も夕方になるとゴロゴロピカピカ怒りをあらわにして叫んでおられました。
精霊を怒らすと悪霊となりこの世の者どもにたたりをもたらすと言われておりますが、それはそれ京都五山の送り火が、精霊も悪霊もひとまとめにしてあの世へと送り返してくれました。
来年こそは家をきれいに掃き清めて、ご先祖様が道に迷わぬように迎え火を灯してお迎えしたいものです。
どうしてもお出かけする人は、事前に不在通知を出しておきましょう。
ご先祖様も里帰りをあきらめて地獄めぐりツアーか何かに予定変更されることでしょう。

紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/
2016年08月05日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
今日はわたくしの新しい恋人を紹介したいと思います。
嫁さんには内緒ですよ。
知り合ったのは今年の2月、ある人の紹介でお付き合いすることとなりました。
理系の才女で頭の方はかなりの切れ者です。
1から10までお見通しで、知らないことはございませんというようなそぶり。
能力の高い彼女、そこが魅力でもありますが鼻につく部分でもあります。
自分の信じる道はだれが何と言おうと変えません。
「この頑固者!」語気を荒げて注意したことも何度かありました。
ただ根気よくこちらの言い分を訴え続けていると、こちらの行動パターンを理解してくれて私に合わせてくれたりすることも。
ちょっとかわいいところも最近見え隠れ。
なにしろ初めてのお付き合いでしたから戸惑うことも多くありましたが、今となってはなくてはならない存在になってしまいました。
これからも長いお付き合いになりそうです。
彼女の名前は車奈美、くるまなみ?いいえカーナビと申します。

紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/
2016年07月25日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
今年の5月上旬から始めている血圧降下大作戦。
ただいまの状況は上の血圧が140台、下の血圧が80台と安定してきました。
先月より上下ともにマイナス10ほどの結果となりました。
もうひと頑張りと行きたいところですが、思わぬ副作用が。
体重が6kgも減ってしまったのです。
身長169cmで63kgだったのが今や57kg程度、河原の枯れススキとなってしまいました。
血圧は現状のままに体重だけ戻したいところですが、今のところ打つ手なし。
ズルズルとズリ下がる我がズボンをアゲアゲしながらひねもすのたりのたりの毎日です。

紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/
2016年07月01日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
今日から7月、平成28年もいよいよ後半戦です。
ここいらでグゥグゥッとアクセルを踏みたいところですが、まだまだ梅雨の真っ盛り。
ついつい気分は沈みがち。
元気出すのは太平洋高気圧のお出ましを待ってからにしましょう。
この時期の沈んだ気持ちにしっかりと寄り添ってくれるのは、アジサイの花です。
しとしと降る雨の中にうすぼんやりとされど存在感を持って咲くアジサイの花。
こんな雨が似合う花を他に見ません。
うちの嫁さんも雨女なんですが、雨が似合うかどうかは…。
けなげで、控えめで上品な花やなぁと思っておりましたら、この花日本原産の花らしいのです。
やっぱりメイドインジャパンは違うなぁと感心しておりましたら、日本原産はガクアジサイだけで一般的なアジサイは帰国子女とのこと。
いささか拍子抜けしたものの、何千年もの時空を超えてシルクロード経由で欧州より里帰りされた放浪の雨情花に長い歴史を感じさせられました。
いろんな人たちの間を行き来する間にその人たちの顔色に合わせて自分の色を変えてしまう習慣がついてしまったのでしょうか?
今でも七変化しますよね。
なんかイメージが妖怪ぽくなってきました。
アジサイのイメージを元に戻しつつ、あとしばらく続く雨の季節を心静かに楽しみましょう。

紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/
2016年06月21日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
最近あらぬ噂を耳にしまして、それとなく噂の真相を探っておりました。
根も葉もない絵空事だと心の底から願っておりましたが、私の願いむなしく、驚愕の事実を突きつけられる事となりました。
それは若い二人連れの何気ない会話を漏れ聞いたことから始まりました。
「昔の人って小するときパンツの穴から○○を引っ張り出してするんやなぁ。僕らベルト外してパンツおろしてするわぁ。」
な、なんたるカルチャーショック!
それとなくトイレに入ったときにお隣の様子を探っておりますと、いるわいるわダウンパンツ派。
洋装の文化が花開いた明治以来、日本男子たるもの体からの老廃物排泄を命じられた時には、神聖なる社会の窓を押し開き、カエルもミミズもみな御免とまじないを唱えつつ排泄を完了させ、厳かに心静かにチャックをあげたものでした。
そしてパンツの前穴を親しみと敬意をひょうして社会の窓と呼び親しんでまいりました。
その歴史ある伝統文化が、これぞと思い当たる理由もなしに滅びつつあるとは…。
これから母親となる女性のみなさん、男の子を育てる羽目になったときには、社会の窓の存続を守るためにも男の子たちに窓の使用を義務付けてください。
これで少しは世の中明るくなるでしょう。

紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/
2016年06月14日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
5月に血圧降下大作戦を実施してから1か月が過ぎましたので経過報告です。
最高血圧が190台から150台、最低血圧が100台から90台へと低くなりました。
まずまずの成果に喜んでおります。
やはり私の場合は甘いものの取り過ぎが一番悪かったようで、甘味断ちをしてすぐに成果が出始めました。
5月17日からはアルコール隔離作戦も同時進行させ、更なる成果を期待しましたが、血圧を下げる効果があったのかなかったのかはっきりしません。
ただ今回は禁酒による禁断症状も出ることなくスムーズにアルコールから離れることが出来ましたので、血圧とは関係なく禁酒を続けてアルコール度数0の血液循環、未知の体内環境を経験してみたいと思っています。
血圧放任主義のわたくしですから現状の血圧でも満足しておりますが、血圧降下大作戦と銘打ってしまった行きがかり上もう少し頑張ってみようかと思っております。
さらなる好結果が出た折には報告させていただきますのでこうご期待。

紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/
2016年06月07日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
先の日曜日、竹田城跡に行ってきました。
行きの車中では小雨交じりのあいにくのお天気でしたが、到着のころには雨もすっかり上がり、お天道様が時折雲の合間から顔をのぞかせてこちらをうかがっている様子。
お城に続くなだらかな登城道路を歩いていると、まずはササユリのごあいさつ。
「ササ、ユ(る)リ とまいられよ」
「かたじけない、チョットおじゃまするでござる」
今は石垣だけが残る竹田城ですが、そのことが幸いしてか、一番高い本丸跡から城跡を見下げれば、うぅ~ん・・・ 東洋のマチュピチュ!
夏草や兵どもが夢のあと じっと目を閉じ往時の戦模様など思いめぐらしていると、タモリさんとトミーリージョーンズさんが雲海の中から缶コーヒーを持って現れました。
その夢を破ったのが赤松の樹上で突然泣き出したセミ1匹。
「いくらなんでも、早いんとちゃうの?あんたらが鳴き出したら世間の人は梅雨明けしたと思うで、まだ梅雨入りしたばっかりやのに気ぃつけや!」
あわて者のセミ君に説教をしつつ山を降りましたが、城内におられるボランtィアの方々でしょうか、声をかけていただき、ガイドをしていただき、気持ちのいい一時を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました。
紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/


2016年05月19日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
自転車通勤で武庫川の河原を走っていますと、いつものごとくシロツメクサの大乱舞、所狭しと咲き乱れております。
ふと思ったのですがこの草、花をめでるときはシロツメクサと呼びますが、四つ葉探しをするときなど葉っぱに目が行っているときはクローバーと呼びますね。
クローバーというのは外国名でしょうがシロツメクサというのはどんな由来があるのかを調べてみました。
江戸時代の終わりごろオランダからガラス食器を輸入した際、ガラス食器の緩衝材として詰められていたのがこの草だったようで、これが白詰草の由来だそうです。
花飾りにされたり四つ葉のクローバーの幸運のしるしから少女のような可憐なイメージを持っていました。
しかしその経歴は詰め物にされたり、家畜の飼料にされたり、はたまた雑草よけに駆り出されたりと日陰の苦労人、ボンビーガールでした。
うちの小さな庭にもクローバーが引いても引いても生えてきていましたが、これからは大事に育ててあげることにしましょう。
四つ葉のクローバーだけに幸運の恩返し期待してまっせ!

紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/
2016年05月16日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
先週の金曜日は13日の金曜日、それに仏滅の最強タッグの日だったんですね。
皆さんつつがなくお過ごしでしたか?
私も何が起こるかワクワクドキドキしながら1日を過ごしましたが、これといった忌まわしい出来事もなく、肩透かしを食らわせられたような心に隙間風。
しいて言えばベッキーが芸能界に復帰したことぐらいでした。
仏滅の13日の金曜日をワクワクドキドキ何かを期待しながら過ごすというのも不謹慎な話ですが、それだけ刺激のない不幸に縁遠い毎日を送ってしまっているという事でしょうか?
刺激のない生活を反省しつつ不幸に縁遠い毎日に感謝して、次の13日の金曜日仏滅を待つことといたしましょう。

紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/
2016年05月13日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
ゴールデンウイークでの出来事。
久しぶりに血圧を測ってビックリポン!
上が198、下が106 いくら血圧放任主義のわたくしでもこの数字は許しがたい血の激流。
急きょゴールデンウイークは我が食生活の反省会と化し、つれづれなるままに我が人生を振り返ると思い当たるふしがそこかしこに。
一番影響していると思われるのが、夕食後のおやつタイム。
最近黒糖かりんとうにはまっており、食べだしたらやめられない止まらない黒糖かりんとう。
血圧には塩分に気を付けることはもちろんですが糖分が血圧をあげるお手伝いをしていることがネットで判明。
今までの食生活を深く反省して、血圧降下作戦を電撃決行することとあい成りました。
 菓子、果物などの甘い食材は遠ざけ、関わりを一切裁ち絶縁状態とする
 1日16時間食べ物を口にしない時間帯を作る
 血の流れをスムーズにするために柔軟体操に心がける
 果物の代わりにビタミン補給の意味でお茶を充分にとる
 毎日血圧を測り、状況の変化に気を付ける
以上を何日か続けて様子を見たいと思っております。
いい結果が出ましたら皆様にご報告させていただきますのでこうご期待ください。

紙音のホームページはこちらからhttp://www.shion-senba.com/
2016年04月12日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
4月8日は花まつり、お釈迦様の誕生日だったんですね。
すっかり忘れておりました。
ガリガリ君のことなど書いておる場合ではなかったのですね。
お釈迦様のお言葉に「天上天下唯我独尊」という言葉がありますが、私はこのお言葉が好きで座右の銘としております。
ただ言葉のとらえ方には少々アレンジを加えております。
「この世界に居るのはあなただだ一人」
あなたが世界だと思っている世界はあなた自身の経験と価値観で造り上げてきたものですから、すべてあなたが責任を取るべき世界なんですよ。
人のせいにしたり、あなたの世界観を人に押し付けてはいけませんよ!
そうお釈迦さまはいいたかったのではないでしょうか?
そこでわたしは「天上天下唯我独尊」ではなくて「天上天下唯我独存」と書き直しました。
こんな勝手なことしたらお釈迦様に怒られそうですが心配ご無用、唯我独存の世界でやっておりますので。

紙音のホームページはこちらから
http://www.shion-senba.com/
2016年04月08日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
アイスキャンデーのガリガリ君が少し値上になるようですね。
三十路手前の我が息子、食べるだけで自分で買うわけでもないのにヨメさんに嘆いておりました。
それを聞いてた、最近ウエイトオーバーが気になる我がヨメさん、何を勘違いしたのか「私も今のうちにガリガリ君食べなきゃ!」
ガリガリ君のガリガリは堅いアイスをいただくときの触感を表現したもので、食べるとガリガリに痩せてしまうアイスではありませんから。
いつも自分の都合のええように解釈して、これがほんまの我利我利君ですよね。

紙音のホームページはこちらから
http://www.shion-senba.com/
2016年04月05日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
弥生3月も終わり卯月4月と季節は進みましたが、卯の花が咲く季節なので卯の花月、卯月というようになったそうです。
卯の花と言うとおからのことを連想される方も多いと思われますが、この二つの言葉、全く無関係という訳ではないようです。
昔の人はおからの殻(から=空)という言葉に縁起の悪さを感じたようです。
そこでなにかいい呼び名はないかと思案の挙句にたどり着いたのが、ウツギの花。
ウツギは幹の中が空洞になっているので、うつろ(空ろ)な木からウツギになったようです。
おからの空(から)とウツギの空(うつ)が共通で、花の白さとおからの白さがこれまたぴったり。
悪いイメージのおからちゃんは、花の美しいイメージを身に着けて、いつしかおからちゃんはウツギの花と呼ばれるように変身したそうな。
そしてウツギの花はマクドナルドがマクド(関西版)と省略されて呼ばれるように、卯の花とみんなに呼ばれるようになりました。
めでたし、めでたし。・・・と我が家の庭に咲く、卯の花が申しておりました。

紙音のホームページはこちらから
http://www.shion-senba.com/

2016年04月01日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
HNKの朝ドラ「あさがきた」でアサの旦那さんであるシンジロウさんが死んでしまいましたが、心配ご無用。
明日の最終回では無事生き返り、アサとシンジの「365日の紙飛行機」を歌って、ハッピーエンドとなる予定です。
なぜかというと、今日は4月1日エイプリルフールの日です。
シンジロウさんの死に、騙されてはいけません、
普段まじめな番組作りに励んでいるNHKさんですが、たまにはふざけたストーリー展開に挑戦したいという欲求不満が相当たまっているはずです。
そこで現れたのが4月1日、公然と嘘が許される日です。
スタッフたちのまじめストレス症候群のエネルギーは頂点に達しており、急きょシンジロウさんの死という展開を実現させ、世間に「ビックリポン!」と言わせました。
このガス抜き効果で正気を取り戻したスタッフたちは再びまじめな番組作りに立ち返り、ハッピーエンドの最終回を見せてくれることでしょう。
めでたし、めでたし。

紙音のホームページはこちらから
http://www.shion-senba.com/
2016年03月31日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
電車内でのアナウンス「信号設備の故障で15分ほど遅延しております。」
今までこんな堅苦しい言い方してはったかなぁと少々首をかしげました。
車内にはお年寄りやお子さん、日本語が少々苦手な外人さんなんかも乗っておられるはずです。
あまり聞いたことがない「遅延」という言葉よりも「遅れております。」で分かりやすくいいように思うのですが、いかがなもんでしょう。
漢字熟語を使えば簡潔で知的な雰囲気で、いかにも仕事をしておりますという印象を与えますが、馴染みのない言葉でつめたい感じがしました。
大阪の名司会者の浜村淳さんは少し難しい言葉が出てくると、噛んで含めるように言葉の説明をして話を前に進められます。
皆さんに話の内容を充分に分かって頂きたいという優しい心の表れなんでしょうねぇ。「そんなことわざわざ説明せんでも分かってるわ。」とつっこみながらもついつい話に引き込まれてしまいます。
淳さん見習ってみんなで、優しく、易しく、分かりやすく。
さすれば車内の空気も少しは和み、15分遅れが14分遅れ位に感じられるかも?
あっ失礼、私の時計が1分遅れているだけでした。

紙音のホームページはこちらから
http://www.shion-senba.com/
    
2016年03月24日
こんにちは。
店長のケンゾーです。
先日、春の陽気に誘われて、那智の大滝を見てまいりました。
一段の滝としては日本一の133m!
あまりの迫力と美しさにビックリポン!
昔々の人たちがこの滝に向かい、神々しい存在を感じて思わず手を合わした気持ち、
よくわかります。
この滝を神として拝むために那智大社が出来たのでしょうね。
拝殿の先に神々しく大滝が鎮座されています。
しかし不思議なことに拝殿と滝の間に、青岸渡寺という立派なお寺があるのです。
神と仏というだけでなにやらもめそうな雰囲気なのに、拝殿と滝の間に鎮座されていても仲良くしておられるご様子。
外人さんには理解不能の関係かもしれませんが、神も仏も一緒こたにして懐に入れてしまう大和人のこだわりのなさ。
どう説明すれば外人さんにもわかってもらえるのか難しいところです。
しかしこれこそが、みんな仲良くやっていける、秘訣なのかもしれません。
聖徳太子さんもおっしゃてます、和を以て貴しとなす!

紙音のホームページはこちらから
http://www.shion-senba.com/
2012年12月13日

こんにちは。店長のケンゾーです。

早いもので気が付けば12月も半ば近く、あと半月ほどで今年も終わろうとしています。
これからは大掃除、年賀状書き、ご婦人たちはおせちの準備とあわただしい年末ゾーンへと突入してしまいます。
ところで大掃除と言えば、年末2~3日であわただしく済ましてしまう事が多いですけども、本当は今日12月13日に始めるものらしいのです。
前日に近くの山で笹を切って来てそれで箒を作ってすす払いをして、歳神様を迎える用意をする日なんですね。
ですからすす払いだけではなく、門松やしめ縄などの準備もこの日に始めるらしいのです。
来年正月に歳神様を迎える場所を作る訳ですから、心静かに丁寧に作業を進めるべきでしょうね。
間違ってもすす払いで作り上げた神聖な空間を汚すような行為は慎むべきです。
特に注意しなくてはならないのがこれから訪れるクリスマス。
ジングルベージングルベーなどとうかれて馬鹿騒ぎなどすれば、歳神様の機嫌を損なうのは目に見えてます。
今年からはジングルベーなしに、心静かに年末を過ごしましょう。
きよしこの夜。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2012年12月07日

こんにちは。店長のケンゾーです。

今年は例年に比べて寒さが厳しいですね。
うちにも年老いた母親が居りますので、安全でクリーンな遠赤外線の暖房器具をただいま検討中です。
しかし遠赤外線という言葉よく耳にしますが、分かっているようでそれは何かと尋ねられると答えに困ってしまう存在。
ちょっと調べてみますと面白い仲間がいることを教えられました。
私たちの目で捉えられる光線よりも波長が長いものが赤外線で短いものが日焼けでおなじみの紫外線であること位までは知っていましたが、そのお隣にもおなじみの意外な仲間たちがいたんですね。
波長の長いものから順番に並べてみますと、電波、マイクロ波、赤外線、可視光線、紫外線、X線、ガンマー線となるそうです。
そして赤外線の中でも波長が短くて可視光線に近いものが近赤外線、波長が長く可視光線から遠い仲間が遠赤外線と呼ぶそうです。
赤外線の仲間に放送でお世話になっている電波がいたり、怖い怖い放射線であるガンマー線がいたりと驚きです。
どうも波長が短くなればなるほどエネルギーも強くなるみたいです。
私たちをぽかぽか温めてくれる遠赤外線の波長が0.75~1000マイクロメートル(ミクロン)、日焼けが気になる紫外線の波長が10~400ナノメートル、そして恐怖のガンマー線が10ピコメートル以下。
3つの違う長さの単位が出て来ましたので分かりにくいですが、1ミリメートルの1000分の1の長さがマイクロメートル、さらに1000分の1がナノメートル、さらにさらに1000分の1がピコメートルと言う事になります。
波長が短くなるほど強いエネルギーをもつと言われてますので、日焼けや皮膚がんが心配される紫外線の1000倍ほどのエネルギーを放射線は持っている事になります。
改めて原発事故の放射線が恐ろしく心配になってきました。
遠赤外線の暖房器具、動かすのも原発の電気やし、この際いっそ石油ストーブにしますか。
それより誰か練炭火鉢復活させて下さい。
石炭はオーストラリアにまだまだあるようですし、スルメをあぶりつつ熱燗で一杯。
心も体も暖まった昭和前半に戻りましょうよ。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2012年11月29日

こんにちは。店長のケンゾーです。

11月25日、これ以上の天気はないというようなあっぱれな日本晴れの中、能勢の妙見山にハイキングに行ってきました。
山頂までの紅葉の色鮮やかさと、妙見山山頂からの景色のすばらしさに、ただただ見とれるばかりでしたが、妙見山の名前の由来もきっと「きれいな景色が見える山」と言うところから来てるのではないかと、勝手に解釈してしまいました。
心洗われてすがすがしい気持ちで下山中、うちの嫁さん坂道の段差に足を取られて、前のめりにダイブ転倒してしまったのです。
先ほどまでのおだやかに澄みきった心は、一転にわかにかき曇り稲妻が走り風雨を呼ぶ嵐へと変わってしまいました。
幸い嫁さんに大きなけがはなく、膝小僧をすりむいた程度で終わりました。
振り返って見ますと、うちの嫁さん私と一緒になってから大ダイブが今回を含めて3回ほどありました。
一回目は地下鉄の駅階段、出発しそうな電車に乗ろうと階段を降下中、足を踏み外してプラットホームに滑り込みダイブ。
まるで高校球児がホームベースめがけてヘッドスライディングを試みているような姿。
閉まりゆく扉の向こうで乗客が「アウト・・・・」と言ってるような。
二回目はユニクロで買い物終わったうちの嫁さん、階段を急いで駆け降りて私が待つ車の方へ。階段は無事通過したものの、駐車場の車止めに足を引っ掛けて前方に大ダイブ。
高校球児が浅いレフトフライに果敢にダイビングキャッチを試みているよう。
私思わず「アウト・・・・」
今回の転倒は今までのような華々しさはありませんでしたけど、久々にまたやってくれました。
うちの嫁さん転倒のたびにたくましく立ち上がり、懲りずにまた転倒を繰り返す七転び八起きの人生ですが、もうそろそろ地に足付けた人生に進路変更してもらいたいものです。
七転び八起きはいいですけれど、七転八倒にならぬよう。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2012年11月19日

こんにちは。店長のケンゾーです。

今日も朝ニュースを聞いておりましたら、沖縄で米兵が外出禁止令が出されているにもかかわらず一般住民の住居に不法侵入して問題になっていました。
この事件を受けて日本の外務省のお役人は遺憾の意を表明し、アメリカのお役人も遺憾の意を表明して、お開きになったようです。
この「遺憾」という言葉、何なんでしょう。
よく政治家やお役人の人達が使いますが、この言葉の意味は「私の思っているように事が運ばなくて残念です」と言うような意味らしいです。
謝罪の言葉でも。責任を感じている言葉でもないんですね。
伊賀忍者のようにみなの衆を煙に巻く、便利で無責任な言葉を連発していたのです。
1965年クレージーキャッツの植木等が「誠に遺憾に存じます」と唄ってからか、それ以前から使っていたのかは分かりませんが、こんな曖昧で無責任な言葉、もう使ってはイカン!

紙音実店舗のホームページへはこちらから

«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... 10 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス