船場の紙屋 紙音
紙のギャラリー 紙音(しおん) 大阪船場で紙と和雑貨のお店を営んでいます。お店(実店舗)のホームページはこちらをご覧ください。
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:202
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 次のページ»
2011年08月08日

こんにちは。店長のケンゾーです。

国連事務総長が東日本の被災地である福島を見舞っていただいたとか。
ありがたい事ですね。
いままでも多くの著名人が被災地を訪れてくれたり、心温まるメッセージを送ってくれたり、義援金などの資金援助をして下さったりで、現地の人達もどれだけ勇気づけられたか、感謝の気持ちでいっぱいになります。
そんな記事に触れながらふと思ったんですが、東京電力の会長さんや社長さんは、地元の人たちにお詫びの訪問をもう済ましたのでしょうか。
放射線汚染でご迷惑をおかけした農業、漁業、畜産業の人たちとのお詫び会見は済ましたのでしょうか。
源発の被害状況ばかりに気が取られて、私も一番大事な事に気持ちがいってませんでしたけど、責任者の人は何度も何度も現地を訪れて話し合いを続ける必要があるでしょう。

しかしニュースで見た記憶がありません。
原発の修理に忙しくてそれどころではないのであれば、野党の皆さんもそこのところ追及してやって下さい。
いつもは重箱の隅をつつくのがお上手な方々が、何もおっしゃらないのは不思議ですね。
何かあるのですか?
マスメディアの皆さんもそこのところ、よろしくお願いしますよ。
まさか!、あなたたちも?

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年07月27日

こんにちは。店長のケンゾーです。

数日前の朝、御堂筋の歩道に居並ぶ彫刻たちに赤い洋服が着せられておりました。
それで気がついたんですが、彫刻たちみんな女性なんですね。
全部見たわけではありませんが、何か意図して選ばれたご婦人たちだったんですね。
なぜ女性?
そんな彼女たちに、それぞれのスタイルに合った赤い洋服。
なぜ赤い洋服?
夕方写真でも撮ろうかと再度出かけた時にはもう脱がされた後。
なぜ脱がしたの?
何があったのか謎が深まるばかり。
ちゃんとしたイベントのドレス着用ではなさそうな様子でしたので、アパレル関係の学生さんか何かがいたずら半分のファッションショーを思いついたか。
謎、謎、謎の一日限りのファッションショウでありました。
写真で皆様に紹介できなかったのが残念。
朝あったものが夕べにあるとは限らないのがこの世の常と知りながら、その時にシャッター押せなかった私がお粗末でした。
諸行無常、あぁ無常!

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年07月26日

こんにちは。店長のケンゾーです。

今日は消しゴムハンコのカリンボさんの出展案内です。
カリンボっておもしろい名前でしょう。
ポルトガル語で「印鑑、ハンコ」という意味だそうです。
なるほど。
日々変化する毎日で、見たもの・ふれた物・感じたものを形にするのがカリンボを運営する中村さんのモットー。
可愛いお嬢さんのお店です。
心優しいおしゃべりも楽しみの一つ。
手づくりの消しゴムハンコの温かい世界に是非一度触れてみて下さい。
 ※カリンボさんの商品は当店でも販売しております。
第14回
ロハスフェスタの出店の一つとして参加されていますので、カリンボさん以外にもたくさんのお店やイベントが用意されているみたいです。
健康や環境問題に興味のある方は是非お出かけ下さい。
夏休み中でもありますので、お子さんと健康や環境問題を考えるいい機会にしてみてはいかがでしょう。

日時 平成23年8月6日(土)・7日(日)
    12時~21時まで(入場は20時半まで)
場所 大阪万博記念公園・東の広場
会費 200円(小学生以下無料)
    別途公園入場料必要大人250円小中学生70円

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年07月25日

こんにちは。店長のケンゾーです。

なでしこジャパンの活躍、すごかったですねぇ。
普段サッカーの試合などあまり見たことない私でさえ、ついつい結果と映像に引き込まれてしまいました。
しかし誰がつけたか知りませんが「なでしこジャパン」とはいいネーミングですね。
大和撫子を、チームの愛称にするとはさすがです。
大和撫子の見た目の清楚さと、うす桃色の可憐な美しさ。
痩せた河原などにも咲く、雑草のようなたくましさ。
日本人女性の見た目の印象と、表には出さない精神的な強さを表現するのに、ぴったりの花ですね。
まさに日本女子サッカーチームにふさわしい愛称です。
これを機会に日本女子サッカーに関心が高まるだけでなく、大和撫子の生息数が増えることにも関心を寄せていただきたい。
いまやヤマトナデシコは絶滅危惧種に指定されているとか、いないとか。
そういえば大和撫子耳にすれども、目にしない。
ナデシコに変わって今よく見かけるのはアザミの花、見た目はそれなりに美しいのですが、なぜか全身を覆うイガイガのせいで、我々弱き男性を寄せ付けません。
次のオリンピックでも女子サッカーチームには活躍いただいて、なでしこの生息数を是非増やしていただきたいものです。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年07月08日

こんにちは。店長のケンゾーです。

今年の大学生の就職率、女子が男子を上回ったそうです。
日本の女性の皆さん、あなたたちが十分美しく優秀であることは、もう十二分にわかりました。
そこで相談ですが、男子の領分を侵食するのもこれぐらいにして、そろそろ職場からお引き取り願って、家庭へとお帰りいただけないでしょうか?
草食系男子にも職をお譲り下さい。
大量生産からくる無節操な大量消費に別れを告げて、これからの時代は手づくりを大事にするこころの時代です。
このことは家庭からしかスタートできない事のように思えてなりません。
家庭を常に清楚で温かい状態に保つことができるのは、女性の最大の能力ではないでしょうか。
愛情たっぷり栄養たっぷりの自然で質素な食事。
魚ぐらいは自分でさばきましょう。
漬物も自分で簡単にできるものがたくさんありますよね。
針やミシンも小学校の家庭科の授業を思い出してはどうでしょう。
世界に一つしかないあなただけの洋服、きっと素敵ですよ。
そんな心温まる家庭で育った子供さんは勉強できなくても、運動できなくても、心の正しいうつくしい日本人に育つと思いますよ。
その子たちが日本を少し住みにくくても、うつくしい国へと変えてくれます。
そのためにも日本の女性たちよ、訳のわからん上司たちと口角泡を飛ばして議論している場合ではありません。
パソコンを初期化して早く職場から家へ帰りましょう。
しかしこんなこと書いたらうちの嫁さんに何言われるやろ。
ブログに書くは易し、我が妻子に説くはいと難し

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年06月22日

こんにちは。店長のケンゾーです。

愛染まつりが6月30日から始まるのは前回お知らせしたとおりですが、「愛染パラパラ」という言葉を初めて耳にしました。
おまつりされている愛染明王はその名前の通り人間の煩悩と愛欲を認めてくれはる珍しい仏さんのお使いで、「煩悩と愛欲が人間の本能である以上これを禁ずるよりは、この本能を向上心に変えて仏道を歩ませる。」とおっしゃったありがたくうれしい仏のお使い。
そのせいもあって現実主義者の浪速っ子には人気の仏様であり、お祭りです。
恋愛成就、縁結び、家庭円満などお願いする人も多くまいられますが、何せ6月30日あたりは、まだまだ梅雨の真っ盛り、雨に降られて参詣者が減ってしまうとお寺も商売あがったり。
そこで誰が考えたか「愛染パラパラ」。
愛染まつりの日に雨にパラパラ降られると、まつりにまいられた二人は結ばれるという言い伝え。これを聞けば愛に飢えた老若男女は、雨にもかかわらず出かけますわなぁ。
雨にも負けず、風にも負けぬ、浪速の商魂ここにあり。
言い伝えの割には新しい語感、恐れ入ります。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年06月20日

こんにちは。店長のケンゾーです。

先日、我が船場センタービル館内を、愛染娘たちが練り歩いてくれました。
6月30日から3日間の予定で始まる、愛染まつりに先駆けてのイベントです。
「あいぜんさんじゃ。ほ~え~かご」の威勢の良い掛け声とともに、浴衣姿の可愛い愛染娘たちと、むくつけきおっちゃんたちがビル内をカッポしてくれました。
本来は掛け声にあるように宝恵駕籠(ほえかご)に乗ってのパレードなんでしょうが、狭い通路での練り歩きは危ないという事でしょう、のぼりを押し立てて歩くだけのお披露目となりました。
そやけど大阪の人言うんは、仏様まで「さん」付けで呼び合う馴れ馴れしさ、まるで近所のおっちゃんおばちゃん扱い。
愛染さんとは愛染明王の事。
仏の道から外れようとする迷える我々を力ずくで更生させてくれる、こわもての指導教官のような存在。
それが何でやさしげな愛染さんになってしまうのか?
愛染さんのほかにも、えべっさん、天神さん、住吉さん、などなど、みんな友達感覚。
このなれなれしさは、神さん仏さんだけではありません。
アメちゃん、お豆さんなど、物にも「さん、ちゃん」付けで何やら親しげな様子。
かしこまったところがないのがいいのか悪いのか、判断は別の機会に譲るとして、こんな府民性があることも生物多様性の一つとしてお許し願いましょう。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年06月13日

こんにちは。店長のケンゾーです。

福島原発事故以来、節電ムード一色です。
先日もあるテレビのニュース番組で、節電のため夜間の街灯
が消されて、危なくて困っていますとの放送がありました。
関東の方の話だと思ったのですが、夜間に節電して意味あるのでしょうか?
電気が不足すると言われている日中に節電やるのならいざ知らず、ムードだけで事故や犯罪の増加につながりかけない街灯の消灯は、やめた方がいいんじゃないでしょうか。
猫も杓子も節電ヒィーバー、節電やっときゃ怖いもんなし、他人の顔色ばかりを気にしてムードに流されるのは、津波と同じくらい怖いことですね。
発電能力に対して、いつどこでどれくらいの電気が不足するのでしょうか。
ちゃんとした資料を出して下さいと勇気ある発言をした政治家さんもおられましたが、本当に不足してるんでしょうか。
街頭消灯で自転車転倒、傷だらけの人生で右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。
鶴田浩二さんもクサバの陰で、嘆いてらっしゃるのでは。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年05月27日

こんにちは。店長のケンゾーです。

近畿以西はもう梅雨入りしたそうですね。
早すぎませんか、いつもの年に比べて。
先日もゴルフ仲間と「梅雨入り前に一丁やっときますか。」「そやね。週間予報見て予定入れてみるわ。」などとレイニィーシーズン前の新緑をめでる会を楽しみにする会話を交わしたばかりです。
どうしてくれるんですか天気予報のおじさんお姐さん。
入るなら入るで、事前に言ってもらわないと、いきなり入ってこられても困ってしまいます。
「ノックぐらい、してや。」
とはいうものの、日本のコメ作りにはなくてはならない水の恵み。
雨が豊富な栄養分を毎年田んぼに運んでくれるおかげで、弥生時代よりコメ作りを続けて来ても連作障害など起こさず、我々日本人の命を支えてくれています。
雨でゴルフに行けないなどと、わがままを言ってる場合じゃありませんでした。
それにしても、あまりにも当たり前に手に入る食料のせいか、おコメの持つ栄養的パワーと何も汚さず犠牲にもしない循環美に気づいている人が少なくなったように思います。
はるかアフリカ東岸で発生した風に乗ってインド洋上の水分をいただき、ヒマラヤ山脈がひとまとめにして東へ東へと運んでくれたモンスーンの恵みに感謝しつつ今夜も玄米ご飯を炊くとしましょう。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

 

2011年05月26日

こんにちは。店長のケンゾーです。

三億円、見つけました。
大阪駅前第4ビルの宝くじ売り場。
ガラスケースには入っていますが、表側だけ本物の一万円札で中身は紙切れなんでしょう。
ガードマンの気合の入って無さからも想像できます。
しかし偽物と分かっていても「オオゥ~ッ!」と感嘆のため息が恥ずかしながら出てしまいます。
「これが三億円かぁ。」暗闇の中に電球の明かりに照らし出される、不気味で怪しげな迫力ある欲望の塊に見入ってしまいました。
しかし宝くじ当選者の追跡調査で宝くじに当たってよかったと答えた人はほとんどいなかったそうです。
おカネがあれば何でも手に入れられる、幸せになれると夢見ますが、持ちなれないものを持ってしまうと心が乱れて、まともな判断ができなくなってしまうんでしょうね。
過ぎたるは及ばざるがごとし、持てない者は持てないなりの生活の中で夢見ましょう。
とは云うものの、地獄に落ちてもいいからいっときの天国で、三億円抱きしめてみたいですね。
もし地獄に落ちてもカネさえあれば、地獄の沙汰もカネ次第と言いますし。
閻魔さん買収して楽しくやれるのでは。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年05月24日

こんにちは。店長のケンゾーです。

今日は天気が悪いので愛車の自家用自転車ペガサス2号にはお休みいただいて、今話題の阪急電車にて通勤です。
梅田に着くころには雨も上がっていましたので、歩いて本町のお店紙音へ。
その通勤途中、止まっているエスカレーターを階段代りに地下に降りることに。
これが妙な感じ。
エスカレーターは止まっているのだから階段と同じ感覚で降りれるはずが、動いているものの上を歩くような錯覚の世界。
なんとも不安定な足元を、目から感じてしまいました。
それもこれもエスカレーターは動いている物という思い込みが、頭の中に染み付いているんでしょうね。
足を乗っけた瞬間に、前に動いているような気がするものですから、「これは階段や。動かん階段や。」と自分に言い聞かせておりましたが、最期地上に足をかける時も前につんのめるような感覚が消えませんでした。
思い込みとは恐ろしいものですね、現実はこうだと頭に言い聞かせても、体は知らんぷり。
こういう事って、止まっているスカレーターだけではなくて他にもいろいろありそうで、反省させられます。
何、あなたも思い込みで結婚して後悔している。
イエイエそれはそれで、いいんです。
結婚なんてものは、まともな判断の上でなしえるものではありません。
問題は後悔をいかに納得に変えるかです。
いっときますが私のことでは決してありませんよ。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年05月19日

こんにちは。店長のケンゾーです。

5月、新緑の美しい季節ですが、常緑樹である楠木もこの時期新しい葉っぱに一斉に生え変わると見えて、木全体が緑に輝いています。
羨ましいですね、毎春新しい葉っぱが生えてくるなんて、私の頭も何とかなりませんか、抜け落ちるばかりで一向に芽吹いてきません。
何百年何千年と生き続ける者と、たかだか何十年の生命力の違いでしょうか。
昔も今も変わらず、緑輝く若々しさにはかないません。
それにこの楠木、面白い別名があって「ナンジャモンジャ」というらしいです。
きっとこの木からは樟脳が取れる香りの強い樹木で、不思議な力を昔の人は感じていたのでしょう。
樟脳は精製するとカンフルになりますので、害虫を寄せ付けなかったり、この木の下にいると元気が出てきて、すがすがしい気持ちになったのでは。
神社にこの木が多いのもうなづけます。
そこでこの木を見た昔の人は「なんじゃこの木は、大したもんじゃ」といったところから、ナンジャモンジャの木と呼ばれるようになったのではないでしょうか。

最後の下りは他では言わないように。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年05月11日

こんにちは。店長のケンゾーです。

先日献血に行ってきました。
ここ船場センタービルには定期的に献血車が来てくれるので、年に数回抜いてもらってます。
私なんかは貧乏人の悲しさで、お金で社会のお役にたつということがなかなか出来ないものですから、せめて持ち合わせの血液でもという気持ちで提供させてもらっています。
おカネと違って使ってもなくなることはなく、次から次へと生産可能です。
それに体の方も充分な血液で年がら年中満たされていると、今日も明日もあさっても上下左右も異常なしと安心しきって緊急時復旧隊の気合も抜けてしまいます。
400cc程度の出血を演出してやれば、「緊急事態発生、全員位置に付いて復旧作業に全力を尽くせ!」とばかりに体中にサイレンが鳴り響いて血液を作る部門はフル生産、久々の緊張感が全細胞を刺激して、体中を活性化させます。
血液検査の結果も数週間後に送られてくるので、健康管理にもいいと思いますよ。
赤十字の献血車見つけたら、腕まくりして迷わず飛び込もう。
看護婦さんもみんな親切丁寧。
日頃女房殿から冷たくあしらわれている男性諸氏、安らぎの一時になること間違いなし。
献血で心も体もリフレッシュ!

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年05月09日

こんにちは。店長のケンゾーです。

長いゴールデンウィークも終わり、いつも通りの仕事の日々が帰ってきました。
寂しいというよりも何かホッとした気持ちになっているのは、私だけでしょうか。
外に出れば人人人の大洪水、内に留まれば、休みを無為に過ごしているへんな罪悪感、ほとほと疲れてしまいます。
そんなゴールデンウィークの一日、小さな川にかかっている鯉のぼりを見つけました。
川を横切るように張られたロープからつりさげられた、何匹もの鯉のぼり。
風がない時は、まるで色鮮やかな熱帯魚のメザシのようです。
メザシタイプも悪くはありませんが、長い棒に国旗のようにロープで天空高く釣りあげられるタテ型の方が、断然かっこいいですよね。
一番上を泳ぐのが大きなマゴイ(おとうさん)、その下がヒゴイ(おかあさん)、そして一番下でピチピチ泳いでいるのが子供たちです。
子供の日であっても上座で泳ぐことは決してありませんでした。
どうか最近見なくなった、縦型の鯉のぼりを復活させて下さい。
五月の青空の中、薫風を受けて、悠々と泳ぐマゴイの雄姿を見て、女房、子供たちは家庭内の序列を改めて心に刻むでしょう。
深層心理に訴えかけることにより、父権を復活させるのです。
そうだ、来年からは5月5日は子供の日ではなくて、「オヤジの日」に変更しましょう。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年04月21日

こんにちは。店長のケンゾーです。

明日は仕事をさぼってゴルフの予定です。
数日前までは、天気予報も、曇り時々晴れと、まずまずの空模様。
久しぶりの平日ゴルフに、ワクワクドキドキ。

ところが昨日あたりから、昼過ぎからは雨の予想に、状況が悪くなってしまいました。
嫁さんなんかは「普段の行いが、悪いからや。」などと人の楽しみにケチを付けてきます。
私の心も曇りがちの、下り坂。
しかしよくよく考えてみると、昨日は二十四節気の「穀雨」。
この時期の少し温かくなってきた雨は、全ての植物、穀物に潤いを与える、めぐみの雨なのです。
冬の寒さから命を守るために葉を落とし、身を枯らして、静かに耐えてきた草木が、春の湿りを根っこからいっぱい吸い込み、太陽の光で光合成をフル回転させる起爆剤でもあるのです。
この自然界のリズムや、農業にに携わっている人たちのことを思えば、文句など言ってられません。
喜んで「穀雨」のことを受け入れるべきでしょう。
しかもゴルフのスコアが悪い時は、雨のせいに出来る恵みの雫。
と思いたいのですが、私にとっては、やっぱり「酷雨」なのです。

紙音の実店舗ホームページへはこちらから

2011年04月20日

こんにちは。店長のケンゾーです。

自転車通勤で武庫川の川岸を走りますが、川面に一羽たたずむ白鳥を発見。
今まで住まい周辺で、彼らを見かけた記憶がなかったものですから、珍しくて自転車を川べりに止めて、しばらく見入ってしまいました。
上流下流に目をやりましたが、家族らしき者、仲間らしき者の姿が、どこにも見当たりません。
たった一羽の、ロンリ―スワンのようです。
白鳥は冬の間、餌の豊富な日本で越冬して、春になると北の国へと里帰りする、渡り鳥と聞きますので、北へとさすらう途中に迷子になったか、体調を崩して一羽緊急着水したのでしょうか。
一人さびしく水上をさまよい、涙しておりました。
一人で北国へと帰る勇気と体力は回復しているのでしょうか。
それとも仲間の群れが頭上に現れるのを待っているのでしょうか。
「あんた、どうなんや?。」
聞いてみましたが、返事がありません。
ただただ涙するばかり。
「仕事があるからもう行くわなぁ。」
別れを告げて、ペダルを踏み込みましたが、これから暖かくなる季節、大丈夫なんでしょうか。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年04月06日

こんにちは。店長のケンゾーです。

私たちが住まいする、阪神間にもやっと桜の便りが届きだし、今週末ぐらいには、お花見の最盛期となるのではないでしょうか。
今年は冷え込みのせいか、はたまた東北地方への遠慮のせいなのか、少し遅れての開幕となりそうです。
桜といえば日本の春を代表する花であるだけではなく、日本を表す国花のような存在です。
なぜここまで大和民族に愛される存在になったのでしょう。
奈良時代までは、中国文化の影響で、梅の花のほうが人気があったようですが、そのあとの時代は、桜が断然優位になってきたようです。
「花は桜木、人は武士」といわれるようにパッと咲いて潔く散り去るところが、日本人の美意識と共鳴するのでしょうか。
そしてもう一つの人気の秘密は、桜の花がみんなを見てくれていることだと思います。
同じバラ科の樹花でも、梅や桃は花柄が短いので花は枝にくっつくように上を向いて咲きます。
しかし桜の花は花柄が長いので、枝から離れて花の重みで垂れさがり下を向いてくれます。
ござを敷いて上を見上げている私たちと、顔と顔を合わせることになります。
なんと愛想がいい花でしょうか、一番いいところを見せてくれる花たちに、人気が出ないはずがありません。
こちらもいい笑顔とマナーで応えたいものです。
花は見てますよ。

紙音実店舗のホームページはこちらから

2011年04月04日

こんにちは店長のケンゾーです。

毎日欠かさずテレビでは震災の様子を現地の皆さんの苦労と悲しみを交えながら、熱心に伝えて頂いております。
その痛ましい様子に同情して少しでも慰労になればと義援金に協力したり、現地に入って体を張ってのボランティア活動に身を投じてくれる人が現れたりで、マスメディアの果たす役割の大きさを感じます。
しかしその一方で事態の裏側に隠れている現実がよく見えてこない場合があって、イライラすることがたびたびあります。
例えば電力不足問題。
全体の発電能力の何処のどれくらいが犠牲になり、今残っている設備でフル稼働すればどのくらいの発電量になるのか。
被害の内訳と、復興計画が見えてきません。
2009年度の資料ですが東京電力の発電能力は6,449万kw、そのうち原子力発電が1,731万kw、火力発電が3,819万kw、水力発電が899万kw。
原子力発電を全部とめても通常月であれば十分賄える発電量です。
3月中の発表では3,100万kw位まで落ち込むとのことでしたが、火力発電所の被害の内訳が分かりません。
なぜその部分を取材してくれないのでしょうか。
数字を積み上げて内訳が分かれば、発電量回復のシナリオが見えてきます。
いつまでに、どのくらいの節電が必要なのか。
計画停電ではなく、計画節電です。
いつ止まるかわからない停電は、経済と、人々の生活を混乱さすだけです。
もし本当に電力が不足なのであれば、この分野の電力をこれだけ、いついつまで節電しましょうという数字の裏付けがある具体的なプランを立てた方が、世の中の混乱は少ないように思います。この辺のリードはAC広告機構さんに是非お願いしたいです。
頑張りどころが分かれば、テレビ放送時間帯の短縮でさえも、皆さん協力してくれるはずです。
マスコミ関係の人たちに心からのお願いです、取材をして下さい、突き詰めて下さい、スポンサーであろうが無かろうが、事実を明らかにして私たちに進むべき道を示してください。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年03月29日

こんにちは。店長のケンゾーです。

東北地方の大震災、大変な被害と犠牲者の多さにお慰めする言葉が見当たりません。
私も阪神淡路大震災で被災した一人ですので、当時のガレキ化した町の光景が、ほこり臭い刺激と共に思い出されました。
ただただ一日も早い復興をお祈りするばかりです。
そしてもうひとつ気になるのが新燃岳の様子です。
これだけの大震災ですからメディアも東北地方に集中するのは分かりますが、新燃岳の義援金の呼びかけなどは聞いたことがありません。
国や地元自治体からの援助が行き届くのであれば安心なのですが、噴火で被災された人たちと地域の様子があの日以来ピッタリと届かなくなったので心配しています。
報道の陰に隠れて人々の気持ちの中から、忘れ去られぬよう願っています。
阪神淡路大震災の時も各メディアは大々的に取り上げ、フォーカスを阪神地区に集中させましたが、その後すぐにサリン事件が起こればカメラとマイクはサリンオンリーでした。
日陰を作らないためにも、もっといろんな視点の報道姿勢があっていいような気がしますが...。

紙音実店舗のホームページへはこちらから

2011年03月23日

こんにちは。店長のケンゾーです。

明日24日から27日までの予定で、『かなぐらふぃ仲間展』が大阪市此花区西九条にあるクレオ大阪西で開催されます。
以前にも紹介させていただいた
伊地知紀子さんの「現代かな書道」、伊地知さんのお友達である鎌田惺舟さんの「創作書道」、森澤真陽さんの「イラスト」、三人三様の作品が同時開催です。
うららかな春の一日、どうか「かなぐらふぃ仲間展」にお出かけ下さい。

会期  平成23年3月24日(木)~27日(日)
            平日10:00~17:00 日曜日は15:00まで

会場  クレオ大阪西1F展示ギャラリー
           大阪市此花区西九条6-1-20
            西九条駅(JR・阪神)から徒歩3分

主催  大阪市

実施団体  かなぐらふぃ・大阪市男女共同参画推進事業体
                     (代表者 財団法人大阪市女性協会)

«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス